RSS | ATOM | SEARCH
祭り!
今日はハードな1日でした!
まずは昼過ぎにポゴナクラブの河合さんと待ち合わせて、鳥越神社の祭りへ!
実は河合さんも祭り好きで、色んな祭りで神輿を担いでいるのです!



身長188cm、体重100Kgの体で神輿に飛び込んで行ったら…怖いものなしだったと思います!



僕はもちろん…怖いものだらけ?…でした!



それにしても、千貫神輿と呼ばれる鳥越神社の巨大神輿は、本当に素晴らしい神輿ですね!
やっぱり担ぎたい…!!
知り合いに挨拶をしたのち、今度は品川神社の祭りへ移動。



僕は品川神社の神輿が大好きなんです!
徳川家光が寄贈したと言われる神輿を模して造られた神輿には、三葉葵の紋が入っています。(家光が寄贈したと言われる神輿の実物は、神社に展示してあります)
その神輿の屋根には『天下人嘗めの面』が取り付けられています。
その昔、徳川家康から寄贈されたこの面をつけて神輿を担いだら、流行っていた疫病が収まったと言ういわれのある面です。
僕の大好きな面なんですよね!



この神輿、かなり大きな神輿なのですが、この神輿は実は中神輿と呼ばれています。
品川神社には惣町神輿、中神輿、大神輿…といわゆる本社神輿が3基あるのです。
惣町神輿と中神輿はほぼ毎年でるのですが、大神輿は滅多に出ません。
しかし、神社に行けば見る事が出来るので、チャンスがあったらぜひ見てみてください!
品川近辺の祭りは、神輿に笛と太鼓がつき、それに合わせて担ぐと言う担ぎ方です。
神輿もシブくて…いいですよね!

ちなみに、品川神社の祭りは『北の天王祭』と呼ばれます。
近くにある、荏原神社の祭りは『南の天王祭』と呼ばれます。
1週ずれて行われる事が多いのですが、なんと!この日は同じ日に行われていたのです!
そのため、荏原神社の神輿も見る事が出来ました!



この神輿にも面が付けられています。
このお面は、その昔、品川海岸で拾い上げられた面で、スサノオノミコトに似ていると言う事で荏原神社に奉納されました。
神社では「海で拾ったお面なのだから、時々海にお返しするべきだ」という事で、翌年、海中渡御を行ったところ、海苔は大豊作、漁も大量が続いたそうです。
以来、これを神面として屋根につけて海中渡御を行うこととした…と言う面なのです。
水神様のつかいはかっぱなので「かっぱ祭り」と呼ばれる事もあると言います…。

木札に書かれている通り、本来この神輿が海に入るのですが、最近は海中渡御はあまり行われない…と聞きます…。
やってほしいですね!

本当に色んな神輿が見る事が出来て、幸せな1日でした!
その後イベント仕事に行き、戻ってから河合さん達と居酒屋に行き、神輿話で盛り上がったのは言うまでもありません!
楽しかった〜!

カメの事なら何でも!のブログ!
毎日が、かめ三昧!
http://blogbokujo.dax-and-kezu-lt.main.jp/

だっくす小峰のブログスタイルのエッセイ!
だっくすエッセイ
http://essay.dax-and-kezu-lt.main.jp/ 
author:だっくす小峰, category:, 23:41
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.dax-and-kezu-lt.main.jp/trackback/1053728